個人の労働問題、パワハラ、セクハラ、メンタルヘルスのお悩みを解決する、あなたの労働相談すずひろ社労士事務所

〒110-0005 東京都台東区上野6丁目1番6号御徒町グリーンハイツ1005号

営業時間 月・火・水・土日・祝祭日 9:00~18:00 正月・盆も相談受付!  定休日 木曜日・金曜日

お知らせ

「日本の富裕層は、先進国の富裕層に比べて断トツで税負担率が低い」

MAG2NEWS『元国税が暴露。「消費税は社会保障のため不可欠」が大ウソな理由』https://www.mag2.com/p/news/377019

 

消費税増税が発表されてから、いつの間にか世の中の流れは増税が確定したかのようになっています。

 

マスコミは報道というより、「導入後どうなる?」的な分析ばかりで、そもそも増税が必要なのか? 消費税導入後から8%増税までの使われ方の総括、税制全体の中で他の税制との構成比率の推移やその是非など、肝心な分析は全くされていません。

 

本当に危機感を覚えます。私は増税反対デモに参加します。

 

 

以下、記事のポイントとなる部分。

 

「日本の金持ちは、先進国並みの税金を払っていないのです。そのしわよせが、消費税となっているのです。もし日本の金持ちが、先進国並みの税金を払えば、消費税の増税などまったく必要ないのです。というより、消費税の廃止さえ可能」

 

「今の日本経済で問題なのは、デフレという表面的な数値のことではなく、収入が上がっていないのに増税ばかりが続き、消費が先細りしている、それが経済全体に悪影響を及ぼしている

 

格差社会といわれるようになったのは、消費税導入以降のことです。消費税導入以前、日本は「一億総中流社会」と言われ、格差が非常に少ない社会だったはずです。国民全部が、自分たちのことを中流階級だと思っていたわけです。つまり貧しい人がいなかったということです。格差が広がったのは、消費税が導入されてから

ページ先頭へ